top of page

銘木 2

この度、新たな銘木達を仕入れましたので紹介します

★青黒檀

タイ周辺に生育しているが、現在は伐採が禁止されているらしいです。

それ故に、幻の木と呼ばれることもあるそうです。

写真では分りづらいですが、ほんのり緑がかった黒い色です。

艶やかな肌触りが、高級感を感じさせます。

★ペルナンブーコ

ブラジルに生育しています。なんの変哲もない木に見えますが、とても重厚でしなやかな材料です。

この木はその昔、赤い染料を採る目的で乱獲され絶滅が危惧されていた時期があったようです。

バイオリンの弓では最高級品の材料となるようです。

大理石のような美しい模様が楽しめます。

★ココボロ

メキシコ周辺に生育しており、その美しい文様と色調が珍重される木です。

小物を製作するには最適の材質をもっており、象嵌細工から楽器まで様々な用途で使われています。

今回仕入れたものは、曲がりくねった感じの珍しい文様です。

★デザートアイアンウッド

アメリカの砂漠で発見される化石に近い木で、現在生育している木ではありません。

名前のとおり、鉄に匹敵するほどの硬さを持っています。

木材のカテゴリーに入れてもよいのかどうか迷うところです。

以上、銘木その2でした。

これらがどんな作品になるか楽しみです。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square