銘木

地球上には様々な木が生育しています。

その中でも特に希少価値の高い木を銘木と呼びます。

今回はアトリエが所有している銘木を紹介します。

 ※写真画像は『明るさ』のみ編集しています。

★スネークウッド(レターウッド)

南米の一部の地域でしか生育しておらず、直径30cmほどまでしか成長しないため、非常に入手が困難です。

蛇柄に似ていることからその名がつけられているようですが、この模様の入り方でランク付けされており、均一な斑模様のものはさらに希少です。(写真は最高ランク)

★花梨(瘤杢)

花梨自体は東南アジア広域に生育し流通量も比較的多い木ですが、稀に瘤が出来ることがあります。この瘤を切った部分に現れる模様は、木目が緻密に入組み非常に美しく、自然が生み出したアートに魅了されます。

花梨の瘤は年々減少しており、希少価値も高まっているようです。

★グラナディラ(アフリカン・ブラックウッド)

南アフリカに生育しており、楽器などの製作に使われることが多いようです。黒檀に似ていますが、樹種は全く別です。写真のものは細い木目が入組んでおり、装飾品に加工すると美しいです。

現在は過度の伐採により絶滅の危機に面しており、管理・保護されていますが、違法な密輸が深刻な問題のようです。

★紅木(レッドサンダー)

インド南東部の極一部にしか生育しておらず、現在は『ワシントン条約』により国際取引が規制されており、最も入手が困難な木です。日本では高級三味線の材料として使われていたようです。

製材時は紅色ですが経年変化により暗赤色となり『老紅木』と呼ばれ、さらに希少価値が高まります。写真のものは4年ほど前に運よく手に入れた上等品です。なかなか加工する気にならないほど高価でした。

入手の困難さにより類似品も存在するようです。比較的安価な紅木三味線などは、染料により着色されているらしいです。また、密輸の問題も深刻化しており、中国と日本の需要の高さが指摘されているようです

アトリエちぃぷぅは、こうした稀少価値の高い銘木と貴金属を組み合わせたアクセサリーを製作しています。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ー Information 

2021.2.21~2021.2.23

​☆イベント☆ ひとりねこ ネコノ森

人形作家のひとりねこさんをお招きして展示販売会をおこないます。

               関連記事 

2021.01.10

雑司ヶ谷 gallery ci-pu ご来店について

​2021年より雑司が谷のgallery ci-pu は、ご予約なしでご来店いただけるようになりました。感染予防対策として、1組(2~4名)様までの入場制限をしますので、お待ちしていただくことがあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020.11.01

臨時休業のお知らせ

​11月3日(火)および、12月1日(火)~12月2日(水)はお休みさせていただきます。

2020.10.14

 

デザインフェスタ52出展します

​11月7日(土)・8日(日)デザインフェスタvol.52に『それいけ!ぬこちゃんず』として合同出展します♪