​ハンドメイドアクセサリー&ジュエリー アトリエちぃぷぅ ci-pu

結婚指輪・婚約指輪 雑司ヶ谷

キャスト上がりとバレル研磨

前回の続きです。 キャスト屋さんに依頼していたワックスが地金になって出来あがりました。 これを『キャスト上がり』といいます。 地金の種類はシルバー925です。 白くて表面がザラザラしています。 猫の背中についているものを『湯道』といいます。 これは、溶けた地金を流し込む通り道のことで、キャスト上がりにはこの湯道が必ずついてきます。 湯道をヤスリで削り取ります。 ここからいろいろな道具を使って仕上げに入ります。 今回は、バレル研磨機を紹介します。 これがバレル研磨機です。 下の黒い部分は、強力な磁場を発生させる装置です。 その上に、円筒形のクリアケースが乗っかっていて取り外すことができます。 クリアケースを取り外してみます。 中には、水と小さい金属片が入っています。 この小さい金属片のことを『メディア』と呼び、ピン状のものとボール状のものがあります。 クリアケースを再び装置に乗せます。 よく見ると、メディアが装置の磁気に反応しているのが見えます。 このメディアはステンレス製ですが、磁気を帯びるように特殊な処理が施されています。 上蓋を開けて、中にキャスト上がりの地金を入れます。 装置のスイッチを入れると、ケース内は渦のように水流が発生し、メディアが細かく振動します。 そのメディアの動きにのせられて、地金たちは踊るように回ります。 約30分ほど待ちます。 地金を取り出すと、銀色に光っています。 キャスト上がりの状態と比べると、シルバーっぽくなっています。 バレル研磨は、メディアと呼ばれる金属片と、キャスト上がりの地金をこすり合わせて磨くものです。装置が自動で磨いてくれるので大変たす

ゴム型と量産

同じデザインのアクセサリーを大量に作りたい。 そんなときは、ゴム型を使います。 これがゴム型です。 開きます。 中をよく見ると、猫の形をした空洞があります。 ここに溶けたワックスを流し込み、複製します。 ゴム型の作り方は、別の機会で紹介します。 ワックスを流し込む装置がこちら。 『ワックスポット』といいます。 下の青いところからノズルのようなものが飛び出しています。 ここから溶けたワックスが噴射されます。 上蓋を開けると、中には溶けたワックスが入っています。約100度くらいです。 蓋を閉めたら、圧縮ポンプを使って内部の気圧を約1MPaまで上げます。 ノズルにゴム型を押し当て、一気にワックスを流し込みます。 内部の気圧で溶けたワックスが飛び出す仕組みです。 ゴム型を少し冷まして中を開けると、 こうなります。 原型との比較です。 見た目にはあまり変わりませんが、少し小さくなります。 この後、鋳造するとさらに小さくなります。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • アマゾンの社会のアイコン
  • Instagram
  • Twitter Basic Square

ー Information 

2020.1014.

デザインフェスタ52出展します

​11月7日(土)・8日(日)デザインフェスタvol.52に『それいけ!ぬこちゃんず』として合同出展します♪

2020.8.25

新米入荷しました!

​徳島県産コシヒカリの新米が入荷しました!山の田んぼでとれたおいしいお米です!期間限定で販売中です!

2020.8.17

完全予約制

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間【galleryci-pu】は完全予約制とさせていただきます。よろしくお願いいたします。ご予約はコチラ

2020.8.6

営業再開のお知らせ

【galleryci-pu】は6月14日(日)より再開いたします♪

【日・月・火・水 13時~18時】の営業となりますので、よろしくお願いいたします。