​ハンドメイドアクセサリー&ジュエリー アトリエちぃぷぅ ci-pu

結婚指輪・婚約指輪 雑司ヶ谷

線引盤の自作

一定の寸法の角線材を製作する場合、まずローラーで希望の厚みまで薄くし、ヤスリで幅を削ります。 少量ならばそれで問題ありませんが、1mを超えるような角線材だとヤスリ作業が大変です。 今回は、あるデザインのモノを製作するのに 0.5×2.0 と 0.5×1.5 の角線材が大量に必要となりました。 『この寸法の線引盤があれば・・・』 ということで自作してみました。 材料は 焼き入れ可能なダシタガネ 鉄角材(10×10) ステンレスボルト(M3) 焼き入れ前のタガネ2本を整形し、φ3.0ドリルで穴を開けます。 片方にフライス盤で 0.5×2.0 と 0.5×1.5 の溝を掘ります。 それぞれの溝にテーパー加工を施します。 焼き入れし、オイルストーンでひずみを除去します。 タガネを固定するサポートを鉄材で作製します。 全てのパーツをボルトで固定し完成です。 それでは使ってみます。材料はシルバー925です。 まずは 0.5×2.0 から。 予めローラで厚み 0.5mm まで延ばしたものを差し込みます。この時の幅は約 2.2mm でした。 エンマがないので、掴み易く加工したプライヤーで引きます。。。 かなり重いですが引き抜けました。 さて寸法は・・・ 1.9 ~ 1.95mm といった感じでしょうか。惜しいです。 同様に 0.5×1.5 も試します。幅は約 1.7mm でした。 さて寸法は・・・ 1.5 ~ 1.55mmmm 辺りでしょうか。こちらはまずまずです。 結果はまあまあでした。 いつまで使えるか分かりませんけど。 耐久性と精度を求めるなら超硬チップで製作するのがベストですね。

あけ型の自作

あけ型とは、溶かした地金を流し込む金型のことです。 今回はこのあけ型を自作しようと思います。 図面と板厚10mmの鉄板を用意します。 フライス盤、ドリルなどで鉄板を加工します。 ガスコンロで加熱し、酸化スケールを付着させます。 六角ボルトで固定し完成です。 (上)  本体 (下左) 固定角材(5mm厚用) (下中) 固定角材(10mm厚用) (下右) 上蓋 裏面の下部には、自立できるように真鍮パイプを差し込みました 早速使ってみます。 シルバーのインゴットを作成してみます。 地金を溶かしながら、あけ型も加熱します。 地金が溶けたら流し込みます。 失敗しました。。。 溶けた地金の重量により、固定角材が傾いてしまいました 気を取り直してもう一度。 今度はうまくいきました。 10mm角のシルバーインゴットの完成です。 さらに5mm角。 そして5mm板。 自作にしてはよくできたと思います。 このあけ型の特徴は、斜めに立たせてあることです。 これにより従来のあけ型に比べ、流し込み作業が容易になりました。 以上オリジナルあけ型の製作でした。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • アマゾンの社会のアイコン
  • Instagram
  • Twitter Basic Square

ー Information 

2020.1014.

デザインフェスタ52出展します

​11月7日(土)・8日(日)デザインフェスタvol.52に『それいけ!ぬこちゃんず』として合同出展します♪

2020.8.25

新米入荷しました!

​徳島県産コシヒカリの新米が入荷しました!山の田んぼでとれたおいしいお米です!期間限定で販売中です!

2020.8.17

完全予約制

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間【galleryci-pu】は完全予約制とさせていただきます。よろしくお願いいたします。ご予約はコチラ

2020.8.6

営業再開のお知らせ

【galleryci-pu】は6月14日(日)より再開いたします♪

【日・月・火・水 13時~18時】の営業となりますので、よろしくお願いいたします。